Bitcoinを徹底的に100日間、調べてみた結果。少なくとも38%の利益が獲得できると確信した

Bitcoinについて色々調べてみた結果、これから色々と見込めることが分かりました。お小遣い稼ぎの参考にしてみてください。

注目通貨 DASH(旧Darkcoin)を解説 今後の動向は注目です

f:id:Makushifu:20170513164840j:plain

 こんにちわ

Makushifuです。

 DASHの概要

DASHは2014年に公開された仮想通貨です。

 

特徴としてあげられるのは、

『匿名性』『即時性』

になろうかと思います。

 

匿名性について

DASHは、

ダークセント(Darksent)という取引形式を使っています。

このダークセントの基幹をなす仕組みとして

”コインミキシング”が用いられています。

 

コインミキシングは、簡単に言うと

送金側の総量を一旦

 

ミキサーにかけ

 

受取側が受け取る という仕組みです

 

個別に、誰から誰に送ったのかという

記録はされないという特徴を持ちます。

 

ちなみに、

今ではMoneroZcashもこの匿名性を持った

仮想通貨として知られています。

 

即時性について

ビットコインの承認手続きが10分程度

掛かるのに対して、DASHはわずか

 

4秒で完了します。

 

他のアルトコインで即時性を謳うものと

同等程度の速度感を誇ります。

 

DASHでは、

IntantXという機能を採用していて、

マイニングをマスターノードと言われる

”ランダムに選ばれた人”が行うことになっています。

 

これも早さの要因と考えられます。

 

供給量について

ビットコインが2,100万枚に対して、

DASHは2,200万枚 とほとんど同数の枚数です。

 

他のアルトコインと比較しても

非常に少ない供給量なため、

比較的早い段階で高騰する可能性があります。

 

最近の値動き

2014年当初は、大きな値動きがありませんでした。

 

2016年あたりから、

他の匿名性の高い通貨が注目を集め始めたのを契機に、

DASHも高騰し始めました。

 

そして2017年の2月頃に2,000円

3月頃に5,000円に到達

4月の法律化によって10,000円を超えます。

 

bitcoin-review.hatenablog.com

 

3月にリリースされたニュースでは、

DASHは割安 と表現されていることから、

またその注目度がうかがえます。

ただ、こうしたアルトコインの値動きを確認してみると、割安な水準に据え置かれているアルトコインも複数存在しているようにも思える。今回は、売買代金(流動性)をベースに、相対的な比較からアルトコイン時価総額上位100のフェアバリューを算出。時価総額1位のビットコインをベースに算出すると、すべてのアルトコインが割高となったことから、2位のイーサリアムの売買代金を基準として算出してみた。

その結果、時価総額3位のDash(同2.7%)、同11位のZcash(同0.25%)が割安な水準に据え置かれているという結論に至った。Dashは、2014年に誕生した仮想通貨である。ビットコインの承認作業が10分かかるのに対して、Dashは約4秒で承認が完了するといった特性を持っている。まだ日本で売買はできないが、17年に入り価格は急上昇。今注目のアルトコインといえよう。一方、Zcashは、匿名性に強みを持っている。ビットコインが、ブロックチェーンで送金者、着金者などの情報をすべて確認できるのに対して、Zcashは全てが隠される仕組みとなっており、専用のKeyが必要となる。こちらはcoincheckで売買することが可能だ。

kabutan.jp

 

DASHの獲得方法

Coincheckで購入が可能です。

Coincheckでは、デイトレもできますが、

長期的な視点での”投資”も可能です。

 

デイトレが苦手・・・。

という方は長期保有で利益を得てもいいと思いますよ。

 

bitcoin-review.hatenablog.com

 

友だち追加

Makushifuは今何位?⇒にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎ情報へ

 

宜しければLINE友達登録よろしくお願いします