読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bitcoinを徹底的に100日間、調べてみた結果。少なくとも38%の利益が獲得できると確信した

Bitcoinについて色々調べてみた結果、これから色々と見込めることが分かりました。お小遣い稼ぎの参考にしてみてください。

ライトコイン(Litecoin) Bitcoinとの違い どのような特徴があるのか?

f:id:Makushifu:20170511003023j:plain

 こんにちわ

Makushifuです。

 ライトコインとビットコインの関係

ライトコイン(Litecoin)はもともと

ビットコイン(Bitcoin)ありきで開発されました。

 

開発者の

Carles lee曰く

ビットコインが金メダルならライトコインは銀メダル』

と表現しているように、

 

ビットコインを追随するような

形で開発されたのが発端です。

 

そういう意味で、

ビットコインとの性質的な違いはあまりなく、

ほとんど同じような性能であるという

風に考えると良いかも知れません。

 

とわいえ、

全く同じであれば発行する意味がないので、

少しは違いがあります。

 

そこで、

今回は違いを解説していきたいと思います。

 

ライトコインとビットコインの違い

発行上限数

ビットコインの発行上限は

2,100万枚

ライトコインの発行上限は

8,400万枚

 

約4倍の違いがありますので、

もしビットコインと同じような市場規模になったとしても

1枚当たりの価格は

ビットコインの4分の1程度ということになります。

 

承認時間

ビットコインの承認時間は

約10分

ライトコインの承認時間は

約2分半

 

ここでもまた4倍の違いあります。

 

承認時間が減り、

たくさんマイニングされることになりますが、

このマイニングあたりの報酬はビットコイン

同じ発行数になっていますので、

ビットコインと比較して

ライトコインが4倍多く発行されるということになります。

 

ちなみに、

ライトコイン(Litecoin)は

この承認行為に対して

セグウィット(Segwit)を採用します。

 

bitcoin-review.hatenablog.com

 

セグウィット(Segwit)自体は、

仮想通貨の底値を底上げするような革新的な

技術なので、今後も仮想通貨の価値上昇は期待大です。

 

暗号化方式

ビットコインは、

SHA-256を採用

ライトコインは

Scryptを採用

 

ScryptはSHA-256よりも

演算が難しいという点があります。

 

ビットコインのマイニング専用の

ハードウェアが発売されてしまていたため、

マイニングが非常に困難になっていました。

 

つまり、

ライトコインも同様の暗号化方式にすれば、

既にビットコインのマイニングをしている人たちが

ライトコインもマイニング出来てしまうため

富が集中してしまいます。

 

そういう意味で、

Scyptの採用は画期的であったと言えますね。

 

 

ライトコインの可能性

今後、例えば

日本でも消費者が利用するような

レストラン小売店で、

仮想通貨が利用されるようになると、

決済速度は早ければ早いほど信用につながり、

 

信用につながれば、繁栄につながります。

 

そういう意味でいうと、

ビットコインの10分間というのは、

少し遅いかもしれません。

4分の1で処理が完了する

ライトコインの方が、

消費者を前提とすれば流通を促す可能性があります。

 

興味があるけど・・・。

 

まだ、お持ちじゃなければ、

Coincheckよりお買い求め下さい。

 

bitcoin-review.hatenablog.com

 

 

友だち追加

Makushifuは今何位?⇒にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎ情報へ

 

宜しければLINE友達登録よろしくお願いします